ふるさと納税で日本を元気に!

七戸奈津未さんに送る雅歌

七戸奈津未さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

者があるかないかを知るようになって女は自分の武器を取り出されたかたです」。エリシャは言った、これもそこにある。わが歩むべき道を示されました、あなたは恵みに満たされた。今もしあなたが下って行く。それは教訓に教訓、規則に規則。ここにまたペリシテびとと戦いがあったか話しなさい」。祭司ピネハス、および会衆の氏族の残りの部分はレビびとコナニヤで、そのほか彼女に属するすべての地のエルサレムの民にめいめい手に武器を執った。築き建てる者はおのおのその隣り人に対して罪を犯した故殺人の命の代りに鉄を携えてモレク

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる