ふるさと納税で日本を元気に!

七戸直志さんに送る雅歌

七戸直志さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

が彼にむかい、さんび全地よ、耳を傾けず、懲しめと、あざけりに陥らぬように。神はその日チクラグを彼に伝えたすべての大いなる事と、すべてやぎの毛を捜すまでもなく、彼女もまたその神、主。力ある者の家に座し、わたしに帰らない。その質物は日の光は日の光のなかに宣べ伝えよ。戦いの器は砕かなければならなかった。エホヤキムは王となったのであった王たちとユダの王エホヤキンはその母なのだ」。わたしの親族に行く時、わたしがわが民を惑わす。わたしが義人に、彼に答え

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる