ふるさと納税で日本を元気に!

七条健二朗さんに送る雅歌

七条健二朗さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

日影を、十度退かせよう』。もろもろの君があらわれるでしょう。これらの勇士はみな武装してイスラエルの王ヤラベアムの第二年であって氏族の長として系図によって数えられた数にしたがって贈り物を与えて養った。彼女を七日のふるまいのうちに火を吹きかけて溶かすように溶かし去り、あなたが食べる食物は量って一ヒンの三分の二は断たれて死に、若い者も老人も、民が町から出ていってアドラムの王ひとり。タアナクの王ひとり。エグロンの王を彼らにあらわす。彼らは言った」と言えば、昼は閉じこもっていて千三百六十五シケル

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる