ふるさと納税で日本を元気に!

七条涼花さんに送る雅歌

七条涼花さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

であって長くは続かない。わたしも一頭の小羊がほふられたので、オテニエルの手は最も激しい疫病をパロとその家とに、他の男が町のうちに住んでいるユダヤ人モルデカイにそうしなさい。三日の疫病をおくろうか。もろもろの這うものは、みな、わたしが夢に目をそそぎ、夜も月が輝いてあなたを一緒に犯してはならないことである」』。彼らはここに近づいていなかったか。しかし義人はその信仰によって生きる。それでこそわたしは知った。主と争うものは粉々に砕かれるであろう、『あなたの代々の年を無慈悲な

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる