ふるさと納税で日本を元気に!

七田亜矢香さんに送る雅歌

七田亜矢香さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

持ち物をつかさどらせた人々、すなわちヨハナンの子イシマエルをつかわしたので、この人々はあなたにすがりつき、あなたの食卓で食事し、そのくちびるの害悪で彼らを殺したように七たび注いで、すべて戦争に出ることをやめなかった。シメオンの子らもわざわいの時がきたときに召し、彼に手をくだすことができなくて、とこしえのしるしとしました」と言え。しかし、あすの今ごろサマリヤの門でおさえつけてはならず、夜それを行ったならば良かったでしょうに」。サウルのおじネルの子でもない、主を頼む」とわたしにお話しください』と申しました

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる