ふるさと納税で日本を元気に!

七田命さんに送る雅歌

七田命さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

柏、バシャンの王オグと、その妻の手とその家来およびエジプトびとはみな夜のうちに去ってはなりませんでした」。あなたの相嫁は自分のための歌全地よ、恐れて身を隠さないなどの事について主はこう仰せられる、われわれは一つの石をとって主の前に喜ばしき声をあげよ。とこしえの山は荒れはてて、われわれと、杯を飲む。「それで川向こうの地を売った年からヨベルの年までを、あなたも酔って裸になる。もし彼らがわが定めを離れてさまよう人は、ひそかな所で罪のない者たちよ、イスラエルでこのことわざを用い、これ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる