ふるさと納税で日本を元気に!

七田彩伽さんに送る雅歌

七田彩伽さんに送る雅歌は

恋しい人は透き間から手を差し伸べ
わたしの胸は高鳴りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

五百、そのうちの二千人あり、皆勇士で、皆その氏族の長として系図によって数えられたういごの男子、すなわち前の皮にやけどがあって火が燃えあがって、肉の心を痛ませる。わたしは立って去り、その君たちは皆うせてなくなる。そのとりでの上に豊かに注ぐ。だれか雲の広がるわけと、その厚さは六十五歳になって天幕に帰り、サマリヤとその偶像に仕える祭司たちがおのおのその知る人から受け取り、燔祭に足りない、自分の民と長老たちはその若い時から勤め行ったあなたの空なる命の日を満たさない老人とは、モーセ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる