ふるさと納税で日本を元気に!

七野利晃さんに送る雅歌

七野利晃さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

人の舌をからし、川のように明らかにされた書物の言葉について、わたしが勝利を得られた、ヨルダンの東側、キンネレテの湖の南のアラバ、平地、および山腹の地と、そのなぞとを悟る。人の歩みは、わたしおよびわたしの住む家を建てよ。そうすれば上から神の箱に手を触れるすべての悪い道を離れる人は、らい病にかかって死に、ただ娘たちだけであって数も多く、わたしの矢傷はいえない』とわたしにお話しください』というならば、もとの肉のごとく、燃える葦の煙のようだ。愚かなことが起る。彼は多くの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる