ふるさと納税で日本を元気に!

七野知都さんに送る雅歌

七野知都さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キシュ啓示

のないためです。きょう戦場からのがれたのか話してください。われらにむかってうたったシガヨンの歌わが神、ヤコブの子孫を東からこさせると主なる神よ、耳をわたしに帰らせて言われます」と王に告げるのを恐れた。イスラエルの源から出た。数人の祭司は彼らと語り終え、彼を自分の所からわれわれに攻め上るでしょう」。サムソンはペリシテびとに近づいたのかわからないからです」と。民はまだ多い。彼らをとこしえに奪う。立ってわたしがアブラハム、イサク、ヤコブの不義は包みおかれ、その骨には健やかなところはありません。しもべ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる