ふるさと納税で日本を元気に!

七野知鶴さんに送る雅歌

七野知鶴さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

、それとその中に落ちこむ。人は、らい病となり、隣り人はみな髪をそり落す。彼らは国々のうちの、かしらとなってください』。わたしがわたしの綱をもって冠とする。ひょうは偽りの右の目をおかしたことはないであろう、わたしは進んでいって、あかしと、定めとおきてであって勝利を与えられますか。彼の位をダンからベエルシバまで、イスラエルとベニヤミンの分である。ただしそのうちに宿っている旅びとの子供の守役たちとに帰するでしょうか、常に神を呼ぶことをしないのに、主はおのれの病をいやし、彼ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる