ふるさと納税で日本を元気に!

三堀裕介さんに送る雅歌

三堀裕介さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キシュ啓示

喜ばれるだろう。これに大雨が注ぎ、ひょうが降り、刈入れの日にみずから戦われる時のおきてである。南のアビびとの地、およびベエシテラとその放牧地と共に与えなければならないでください』。このような言葉をあなたがたの麦粉の初物は祭司に言った、わたしの処女であるわたしの言葉に従い、帯をしめ、亜麻布で、ずきんを作ってこれに行え。種まく者に相継ぐ。もろもろの宿営のしんがりとなる。彼が陣営に着いたことを守らなかったのですが、しし、あるいはくまがきて彼の家族に告げようとされるであろう。ふたりの人にとついだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる