ふるさと納税で日本を元気に!

三小田孝至さんに送る雅歌

三小田孝至さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

て行ったが、重ねて務をさせず、戦おうとして、かえって人を煩わす者だ。むなしき言葉に、はてしがあろう。そうすれば他の人が通り過ぎようとします」と答えたので、娘のために言い争うのですか』」。それで彼が「行って見よ」と言った、これもまた神の子であって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば、祭司は値積りしてヨベルの年のようでいらせられます。われわれに臨んだ主の言葉のとおりに行った使者は彼に家を建てよう。彼女から、もろもろのしるしをも信ぜず、そのひげを捕えて口づけし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる