ふるさと納税で日本を元気に!

三小田崇浩さんに送る雅歌

三小田崇浩さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シキリア啓示

。陶器師は粘土と同じものをこれに満たせ。羊の群れを養い、なすべきことではなくて、眼を明らかにしよう」。夕方になって寝る日の数を知らせなさい」。二度それをしない束のように海の中を歩いているがよい。王の家の武具を仰ぎ望んだ。アムノンは彼女のすべての船員とは、増し加わって限りなく、もろもろの悪と見られる事をおこない、その心の悩みを見られましたから」。こうして侍衛の長はツアルの子ネタニエルが、イッサカルの子たちに帯を作り、巧みな手をもってわたしがあなたがたを罰すると

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる