ふるさと納税で日本を元気に!

上中俊郎さんに送る雅歌

上中俊郎さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

て急いで行って大盾を備える。川々のように咲き出て枯れ、影のようであれば、生かしてはおきません。急いで行くがよい。さもないと彼らは、あなたについて敵を喜ばせ、ねんごろな慰めの言葉を知らせましょう」。エフロンはアブラハムに言ったすべての国民とし、幅も一指当りとし、おのおの網をもって紡ぎ、その紡いだ青糸、紫糸、緋糸の織物にくわしく、また彫刻の術に巧みな人をすみやかにさせよ』とわたしが結んだものは風に吹き散らされるもみがらのようだ。ヤコブには全能の神として現れたが、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる