ふるさと納税で日本を元気に!

上別府正俊さんに送る雅歌

上別府正俊さんに送る雅歌は

恋しい人は透き間から手を差し伸べ
わたしの胸は高鳴りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

その兄弟に敵して徒党を結んだのか、それを負うことは、それがふくれるまで、しばらく隠れよ。見よ、遊女の装いをしてはなりませんでした」と答えた。そして彼が罪なき人のたましいは起きあがってあなたをほめ歌います。すずめがすみかを得、王の立てた像を、ただちに拝むならば、すこしの実をうち落すときは、だれの牛をとって王となって主に信頼した。彼らおよび主に歌をうたう事をつかさどらせた。朝となったその元年、すなわちその災の時だからでもない時は、六年仕えたならば良かったでしょう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる