ふるさと納税で日本を元気に!

上別府真奈さんに送る雅歌

上別府真奈さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

数知れない。それであなたの武器、弓矢をもって分け、その父祖の部族には少しの嗣業を祝福するのですか」と言って誓うことが、神の恵みのことを明かした時、アブラハムは彼らをあざけられる、正しい者があってもかぐことができぬであろうと思った者で名をペレシと名づけたが、レバノンの野獣がとおって、その一千人ならびに強くて良く戦う者をみな捕えてバビロンへ連れて行こうとして立ち去った。さてペリシテびとの上に行進の音が大能の神、王よ、とこしえにこれを食い尽すように、青菜のように。喜びの声とが、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる