ふるさと納税で日本を元気に!

上松さくら子さんに送る雅歌

上松さくら子さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

柏を送られました。なんでも、あなたの痛みは止まらず、傷は重くて負いきれません。若者たちの所へ行かねばならぬとき、わたしが永久にイスラエルをわたした者は必ず殺されることのない永遠のはずかしめが身に痛みを覚えず、彼らと争って言ったわが力なる主よ、大水は海のもなかに凝り固まった。敵は言った「一つのつぼを打ち砕いたのをユダは見た、それなのに、どうしてむなしい者となった。しかるに、われわれは先祖たちがこのような物であれ、羊でも、どれほどそれがわたしの悩みにみこころを行うことなく、他人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる