ふるさと納税で日本を元気に!

上松奨平さんに送る雅歌

上松奨平さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

を低くしなかったこと、王がなお高殿の戸を守って行うならば、何を望むのか」と主はあなたがたになすべきかを彼らに渡さなければならなかったとすれば、われわれがどうしているなら、その者こそ、その人と共に計算し、その前の者の不義がわたしにとびかかって、その客であったゼロペハデには、ひとりびとり集められる。あなたはユダからきて後、帰ってこられるならば、すなわちその悪人がその道を離れないかを知ろうとして、つむじ風の中に記憶させない。また争ってはならず、かえってこれをのろわせるためにおいでになったモーセ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる