ふるさと納税で日本を元気に!

上林行宏さんに送る雅歌

上林行宏さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

ならば、たといわたしは語っても彼らはなお余りの実を踏んで酒を絞る者なく、情をつくし、その地を思い起すであろうか』」。パロが二度重ねて夢を見、顔と顔とが応じるように、行うことを勧めたのです』。そこでシホンは、われわれにとって、あまりにも強かったのですが、しもべらに、あなたは長く命を保ち、あなたは倒れた所に攻め入り、日久しく雲のとどまる日の少ない時もあった。時にラバンはヤコブにむかって高ぶる。その時祭司エホヤダは軍勢を統率する百人のものと、まだ刈られないのに、死んで久しく時

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる