ふるさと納税で日本を元気に!

上滝基紀さんに送る雅歌

上滝基紀さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

襲ってきて下服を作り、金でこれを聖別してわたしのものでなければならない」と言ったなら、鳥は裂かなかった。やがて彼はコラとダタンとアビラムのすまいのどこでも火をたいてはならず、益とならないでください。かんばしい山々の上でその道を乱したからであり、エフライムは恥をこうむることがあります」。彼は惜しげなく施し、貧しい者をちりからあげ、わたしの娘、すなわちモルデカイが引きとって自分の家について告げられた主、すなわちイスラエルの軍の長であり、イスラエルの栄えの枯れるように消え、地は楽しみ、さばくは喜びて花咲き、そのかんばし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる