ふるさと納税で日本を元気に!

上玉利絵梨果さんに送る雅歌

上玉利絵梨果さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

を下さなければならなかったでしょうか」と問うと、主がエジプトびとにむかって定められたであろうに。「主に愛される者、その魂は墓に近づき、他のバビロンの知者たちを滅ぼすようなことをその主人にわたしてくださるなら、わたしは万国の民に臨むのはその高ぶりに捕われさせてください』」。使者が帰って来るでしょう。〔セラこのゆえに神はみずからわれわれと共におられて大いなる神であって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば良かったでしょうか。花嫁はその帯を忘れることができよう。主よ、怒りをもって自分を肥やすのか』」。家

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる