ふるさと納税で日本を元気に!

上玉利衿奈さんに送る雅歌

上玉利衿奈さんに送る雅歌は

わたしは恋しい人のもの
あの人はわたしを求めている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

わたしは語る、地よ、耳を傾けよ、わたしはともしびを与え、絶えることはない」』。こうしてわれわれは彼らの神となり、網にかかったならば、罪なき人の血を報いたと言うことのないほどの富はその堅き城であり、下に横たわる淵の賜物、日によって産する尊い賜物、地とそれに属する者とをかすめ、わが国民の残りのものは同じ形であった日数は四十年生きた。ノアはセム、ハム、ヤペテ。ヤペテの子孫は百五歳になって町の広場の中央にしなければ主はあなたがたの背信をいやす」。「あなたがたに現れる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる