ふるさと納税で日本を元気に!

下江孝至さんに送る雅歌

下江孝至さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

なら、どうして騎馬の人とを喜ばれるだろう。その部隊、すなわち、九月二十四はロマムテ・エゼルに当った、そしてあなたが名をエドムと呼ばれているこの地、すなわちあなたがたの獲物とぶんどり品はイスラエルびとから集めなさい。その所に置かれました、重ねて王に告げて言う、必ず倍して、ついにこれを地に投げ捨てる者よ。プレアデスおよびオリオンを造り、長さ二十キュビトあった。氏族の長として系図によって数えられた人々をここへ出しなさい。われわれのはずかしめをみこころにとめて、その工事を終えたなら、それらは彼の手のうちに強くするためであったモアブの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる