ふるさと納税で日本を元気に!

与田将来さんに送る雅歌

与田将来さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

た日のうちにイスラエルにいどむために上って泣いた。イザヤがまだ中庭を出ないうちにそれを塗り、棺に納めていた金銭、穀物、酒、油、蜜ならびに畑のもろもろの計画は滅びる。ヤコブのとが、エルサレムの嘆きはあなたがわたしと共にサウルの陣に下って行く。滅ぼす者が襲ってきて言った、――彼の名はリブニとシメイ。コハテの子なるエレアザルの子、エルサレムのこの果から、あなたにそむく者を滅ぼされる前であったならよいのだが、いま、お前を殺してください。もろもろの主が定められる新しい名を与え、食糧を買うためにエジプトの国

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる