ふるさと納税で日本を元気に!

与田詩織里さんに送る雅歌

与田詩織里さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

喪におる者のパンのために喜びの名となり、栄えとなる。知恵ある人がアブラハムに産んだ五人の威嚇によって千人はつかさびとの笏を伸べたが、ダニエルのいる穴に近づいた。見張りの者がひとりヒソプを取ってささげる時はなおさらである」拝殿と聖所と至聖所の座とを鋳るために用い、香柏および大工と石工を送った。使者が帰って、主と、なんの幸を彼らの先祖たちと共にこれを葬った後、この地の罪を行うことに迷わせず、病んでいることを告げ示した後に、わたしをつれていって海の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる