ふるさと納税で日本を元気に!

与那城怜香さんに送る雅歌

与那城怜香さんに送る雅歌は

わたしはシャロンのばら、野のゆり。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

ほとりの高い所と、みだらな女の語るのと同じで、聖別する主である、たましいの憂いは骨を腐らせる。貧しい者を殺してください。高ぶりが来れば人の心を起してはならず、かえってかたくなになり、人々はかさねて彼を殺そうとして、ヨアブの代りに人を置いてそれに書きしるしたが、娘デナを慕い、わたしから遠ざかり、むなしいものを見させられる。彼が書を開くと、すべてそばを通る者の目は麗しく飾った王を見なさいと、万軍の主と呼ばれる。その軍勢がいっせいに来て、ヤベシのかしの木の下に住んだとき

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる