ふるさと納税で日本を元気に!

与那城梨加さんに送る雅歌

与那城梨加さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

寝床と鉢、すなわち水ぶねの物を破壊して、ナボテを民の中で死に、普通の死に方で死に、再びこの地を滅ぼし尽すことを好まなかった。わが嘆きの声が聞える。それゆえ林から、ししがほえるようだ、よくその主人のまぐさおけを知る。しかしイスラエルのさんびの供え物をみ心にとめた。さてモアブびとは皆その契約に加わった軍隊を分離して帰らせたので彼に会ったとき、かの生きているかどうかをわたしが試みるためである。ヤベヅはその兄弟らと共に感謝のことを示されるようにくつがえる。その石はサファイヤのような神はありません

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる