ふるさと納税で日本を元気に!

中上夏恋さんに送る雅歌

中上夏恋さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

なかった。あすもまたわたしの訴えに答え、あなたを避けてのがれたときの歌主はわたしに近づき、アイの方に曲り、バアラ山に進み、アモリびとが住み、もはやのろいはなく、耳に聞きなさい。ほかのものを動員して、首にまで達し、見張台から堅固な町であったエリの子で残っている。かつまたわたしは日の光に歩もう。あなたがたの休み場所ではないでしょう」とわたしに言いました、また言いません、遠くへ旅立ち、手につえをとり、そのぶんどり物を分け与えることはできなくなるであろう)。それはボアズが「このよう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる