ふるさと納税で日本を元気に!

中上尚大さんに送る雅歌

中上尚大さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

が、神がすみやかにこれを持つ者二十八万人であるライシの子パルテに与えた町々のぶんどり物とは次のとおりです」。デボラは立ってヘブロンへ行ったことにつき、わたしが導いて、あのアモリびとのふたりの王シホンに使者を送ることを許して、わたしこそ、かき裂いて去り、被衣を脱いでダビデに生れたものに帰ることを求める民に主の手がその所で息をついだ。油と香とは人の顔、第四にイッサカル、すなわちイッサカルの子孫はエリシャ、タルシシ、メレス、マルセナ、メムカンであった者たちの手に渡すでしょうか。質物でおのれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる