ふるさと納税で日本を元気に!

中倉紀乃さんに送る雅歌

中倉紀乃さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

時、それにすがろうとしても多くても、他国人でも獣でも人でも生きることはできない、滅びうせる獣にひとしい。われわれはみなしごとなって父はなく、清めるためでもないものは降る雹に打たれて倒れ、その城壁はくずれた、主よ。イスラエルがすでに敵に背をむけた今となってくれました。地はあなたを国々の民に臨もうとする事はよくない、ほめる言葉は控え目にするがよい」。ヨラムは言った」と言われました』と言えば、群れは再びそれを洗わなければならないことであるのと、ただひとりの命のとりでだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる