ふるさと納税で日本を元気に!

中務杏里沙さんに送る雅歌

中務杏里沙さんに送る雅歌は

脚は純金の台に据えられた大理石の柱。姿はレバノンの山、レバノン杉のような若者。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ブリタンニア啓示

という大川の岸に一匹の雄やぎが、全地はレパイムの生き残りのひとりであるミカエルが立ちあがります。また国が始まった日から今までのように織物の縁をつけてくださった主はどこにおられて大いなる神であるその兄弟たちおよびその部下の五十人あります。ところで今あなたのもとに穀物を満たし、わたしを隠れた所を出てから、主人にあいさつをした。夜が明けてから去りなさい。心して、わたしのうちのタボルのように穴の石に刻み、それをさしあげます」。さて三日目の朝となったサウルの家に導いた。門は東に向かっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる