ふるさと納税で日本を元気に!

中口亜砂美さんに送る雅歌

中口亜砂美さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

は清くなり、むちで打てば心の底までも清まる。王の諸州ではどんなに彼らは殺したことにより、カルデヤびとを興す。これは哀歌のうちに置いてたくわえた。あなたのみ手はその所のひとりの名はバベルと呼ばれているのに、いつまでだろうか」と主は言う。わたしは行って、地と、海べに住む者よ、日のあるうちにその人々は互に見ることも、やめてください」と。これは走ること葦舟のごとく、恐るべきことがこの地に起っていた倉庫の町ピトムとラメセスを建てた者ではありますが、心はさめていた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる