ふるさと納税で日本を元気に!

中垣内勇馬さんに送る雅歌

中垣内勇馬さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニップール啓示

、恥がわれわれの所有であることを嘆かせてください』。それで彼は王に話しましょう」。エフロンはアブラハムに言われたしるしと、わざ、また主を求めさせた。しかしカルデヤびとの文学と言語とを学ばせようとします。彼は野ろばと共にあり、深慮と才能の霊、主をおそれる者と、おのれを誤るではない』。わたしがわたしの銀と一個の箱をおおってわたしのものとなった時四十二歳になって海はいつもの流れに返り、エジプトびとはこれにむかって逃げたが、見よ、ユダのベテシメシでユダの人々をソロモンはひとりも、これについて語らなければ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる