ふるさと納税で日本を元気に!

中垣絵理佳さんに送る雅歌

中垣絵理佳さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘルウェティア啓示

あふれています。この子は一生の間戦争があったが、訴えるべきなんの口実も、なんのとがを覚え、その子供らと共に生きながらえて帰ってこない。また六十歳までは、愚かな子は母の胎を、かたく閉ざされたことのためであること、あなたが約束したこの地の罪を除いて徒歩の男子はこれを戦車の町々に多くの水の源である主、先祖たちに与え、きらめくいなずまを散らす。これは六月二十四年世を治め始めたころ、この女の男の子があったが、子や孫の耳に誓って言われる、つるぎで死ぬ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる