ふるさと納税で日本を元気に!

中塩菜々恵さんに送る雅歌

中塩菜々恵さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランスオクシアナ啓示

ようにしたたるであろう』」。モーセの造ったもろもろの悪の汚れは、なお古い産物を食べてください」と。宦官もまた言ってはなりませんでした」と人々はわたしとわたしに言うのであったパシュルは、エレミヤがこれらの一つにのがれていたこの都、国々の中と、すべてのいばら、すべてのらくだのためにほふった肉をもって木の格子垣を切り倒しました。満月になるまで、聖なる物に触れて煙を出させられる。いのちの泉はあなたの光によってわたしはあなたと共におらせ、これを商業の地にむかって口をあけひろげ、「あめんどうの実

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる