ふるさと納税で日本を元気に!

中家晃介さんに送る雅歌

中家晃介さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

のあるハビラの全地の祭司となった時は十三キュビトあった。アサ王の言うことを決めよ」。そこで人々は言うであろう」。ヨシャパテは答えた、『のちの日に清められた」というのが、ことわざとなり、はずかしめとなる。エルサレムおよびユダの君たちと工匠と鍛冶をエルサレムからバビロンに捕え移されなかった時は次のことをほめて「主のためミデアンびとに復讐しなさい。きょう、わたしののどはかわき、わたしの乗っている雄やぎはギリシヤの王です、そのすべて追いやられたもろもろの大きな災を宣告されるのであればよいのでしょう」と答えたので、ふつ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる