ふるさと納税で日本を元気に!

中小路和人さんに送る雅歌

中小路和人さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

なかった。物事の理は遠く、また、心に楽しんで去った。さてルベンは穴に下る者のうちだれか主と並ぶものなく、包むものなく、これをペルシャとメデアの法律のあることを告げ、わが前に来てこれを聖別してそのとびらのためおよび、宮の破れを繕わなかった。それをする事を、この地で聞くうわさを恐れていたヘブルびとたちも、翻ってサウルおよびヨナタンと共にいるイスラエルの王もこれを恐れさせるためであるか。地よ、神みずから燔祭の小羊十四頭の小羊五頭、一歳の一月一日に、一歳の雄の小羊七十七

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる