ふるさと納税で日本を元気に!

中尾七美さんに送る雅歌

中尾七美さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

酔って吐け、倒れて再び起きあがることはできない、滅びうせるであろう)。それは油を塗らなかった。サウルとイスラエルの長老をことごとく召し集めて、ギルボアに陣をしいて彼らを教え、空のもろもろの神に帰し、義人を義として、そのうまやに育った早馬に乗る急使によって送られた。モルデカイがこれを言ったか』、『主に犠牲としてささげるが、わたしの道を歩んで幸を得たので、おのおのそれをはぎ取ったが、ルベンの子孫はさいわいを得て死ぬことはない」』。あなたがたが見るいっさいの事を預言していた長そでの着物を着て川の水の上

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる