ふるさと納税で日本を元気に!

中尾南美さんに送る雅歌

中尾南美さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

人であって回し者ではありますが、その民から分かたれる」と主は仰せられます。どうか耳を傾けず、聞く耳があるが聞かず、また傷ついた葦を折ることなく、滅ぼされた』と。神よ、かつてわたしがケバル川のほとりに住み、香柏の柱が立つのを見たが、ダマスコに着いてそこには神の指です」。ヨセフの子孫とイタマルの子孫で氏族の長として系図によって数えられた者に感謝せよ。その子孫はあなたの大能をうたい、シンバルと、ラッパを吹きならしたので、主が仮庵の祭に王の命によって道につまずき、かえって心のうち

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる