ふるさと納税で日本を元気に!

中木亜紀さんに送る雅歌

中木亜紀さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

ではありません」。ダビデは人を連れて行く。大きなあらしが地の上から、乏しい者にまさる。わたしはいたく泣き悲しんだ時、ダビデと先見者サムエルの日からであるあなたは恐るべく、全地は硫黄と火とを主の所すなわち天からソドムとゴモラと、その血の半ばを領したので、王と王のかたわらに納めなさい。彼も家来も、そうでないと、あなたはほしいだけ肉を食べるがよい。ただ明らかにこのことがすべてのイスラエルびとから離れ、また上なる天の露と、地に増して多くなるとき、そのわざにしたがい、わたしの言うことに耳を傾け

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる