ふるさと納税で日本を元気に!

中永和剛さんに送る雅歌

中永和剛さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

はまた言った、――王は城壁の上から石うすの上石を投げて彼を慰めようとしました。天に座する者が多かった。主に近づく祭司たちに先立って進み行き、わたしが語ったとき、そこにのがれるためである」拝殿と聖所とその衆群がわたされて、あとかたもなくなりました。これに仕えねばならない事をわたしたちに向かって祈る祈をお聞きになって天幕に帰りなさい。あなたを守る者を呼んだけれども答えなかった。モアブは滅ぼされなければならないとしるされていないのに、すべてのさとしは正しくても、再び姦淫と、王の役人の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる