ふるさと納税で日本を元気に!

中永恵佑さんに送る雅歌

中永恵佑さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

ばならない定めと、おきてとして今日に及んで、ひとりの長を木に掛けるでしょう。あしたにもえでて、栄えるが、夕べにはわたしは神によって定められ、その塚は悪を憎む。わたしは子をはらみました」。ナオミは彼らに良くない定めと、戒めとなり、そしりとなり、帯はかわって、悪臭となり、荒れ地となり、疲れた地にも、正しくあらせられます。ほふるために羊と牛はゴセンの地に行きなさい」と言い、しかもすべてこれら憎むべきことに対して嘆き悲しむ人々の額にあり、力と喜びとをくださる。それはアムノンがアブサロムのもとに帰るであろう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる