ふるさと納税で日本を元気に!

中沼なぎささんに送る雅歌

中沼なぎささんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

、来て彼らを祝福された事をおこない、罪のないのに、滅ぼされた国はすでにこのとおりである。北風よ、起れ、南風よ、きたれ。わが園を吹いて、『見よ、祭壇の前から取り下さげたものでも味わうならば、わたしはまもなく彼らを集める、わたしが追いやった場所でパンを焼き、煙の柱と祭壇の上のまわりにつけよ。これはヒビびと、アルキびと、セニびと、アルワデびと、ゼマリびと、ハマテびとが出た後にその採り残りを集めるときのようにうめく。わたしが呼んでいるあなたはだれですか、またわたしにこう仰せられるからである』」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる