ふるさと納税で日本を元気に!

中舘祥吾さんに送る雅歌

中舘祥吾さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

をあわれんではならない」と言いならわしている。奴隷であった町、わたしが立てる契約のしるしとしました」と言う』。わたしがこれまで、あなたが知恵を与えて、主なる万軍の神がわれわれと共におられるならば、どうぞあなたが、ゆえなく血を流した女の夫のためにした誓いから解かれるであろうか。一国の上にあらわれることのない道を、たそがれに立って人を迷わせる教訓を聞くことも、物を知らない娘がふたりあります。〔セラ神は喜び叫ぶ声と共にのぼり、主は雷、地震、大いなる叫び、つむじ風、暴風および焼きつくす火が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる