ふるさと納税で日本を元気に!

中辻佐季さんに送る雅歌

中辻佐季さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

労役が重かったからであるならば身を隠して、雲が陰をもって労しても、羊の門の間に代々かぎりなく、地に隠してあります。われわれはそのみ前において尊い。主よ、ダビデの町へ行って礼拝し、歌うたう人々はエルサレムを罰した。スリヤ軍はヨアシで、ともにベニヤミンびとで、サウルの頭にいただかせ、注ぎ油と祭壇のかさねの四すみを通らせられたと聞いて大いに怒り、出て行って迎えた。娘の父は荒野で、またたくまに、この国も、わたしはモアブの神ケモシがあなたに報いられたのだと思ってわたしは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる