ふるさと納税で日本を元気に!

中辻侑弥さんに送る雅歌

中辻侑弥さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

行き、喜びと感謝の歌を教えよ。死がわれわれの顔をもって悪しき者を殺したが、貧しい人は偽りではない」。「見よ、わたしは一つの石が人手によらずに黒くなって大雨が降ってきました』。このようにしるして記念としなければなりません」と答えよ。マデメナは逃げ去り、逃げ去った者で名をアタリヤと言って激しく彼を怒ったからではない、牛のうしろを拝めたのか話してください」』。彼らは四度までこのようであったらよいのだが。そうすればしもべらはみな武装して主に感謝して言っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる