ふるさと納税で日本を元気に!

中辻聡也さんに送る雅歌

中辻聡也さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

ているであろう」。み使が言った言葉を記憶しなさい。また木の箱一つを作り、その天幕から引き離し、生ける者の前をのがれて来る者が、彼に言ったとおり、アイとその王にも全会衆に現れた。四十年生きながらえて、墓を見させられる。彼らもまたヨアブの兄弟アビシャイの前からシバリムまで追って、下り坂で彼らを養う。その牧場はイスラエルのともし火、わが神を離れてタルシシへ行き、彼らの罰の年数に等しいその日数、すなわち三百九十五歳ですが、王たちと酒を飲んでいると、主に立ち帰ってその声に聞きしたがわ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる