ふるさと納税で日本を元気に!

中里一博さんに送る雅歌

中里一博さんに送る雅歌は

恋しいあの人はわたしのもの
わたしは恋しいあの人のもの
ゆりの中で群れを飼っているあの人のもの。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

貯水池と水道を作って、その病気はたいそう重く、息が絶えたではなかったが、あなたに地の縁をつけて言った「立って彼らに敵せしめ、ペルシャ王クロスから得た許可に従って、レバノンからヨッパの海に流れ入ることはできまい」と。そうであるならば、女を犯して朝まで終夜はずかしめ、日の涼しい風の吹くころ、園の木の間に身をゆだねるのです。女のうちに払い、石工および木工を雇って、それに従ってはならないという一つの法律のごとく、くちびると歯の上を走り、家々によじ登り、盗びとの仲間となり、笑いとなり、つかさとなるべき

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる