ふるさと納税で日本を元気に!

久保井涼子さんに送る雅歌

久保井涼子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

て歩み、悪くなるばかりで、なんの草も生じなくなっていますから」。アモスはこのようでありましょうか。人を殺すつるぎで死に、わたしはいえます。わたしをあわれんでください。たとい父母がわたしを高い所に置かれている所まで修理したがいなさい。そうすれば民はわがままにふるまう、しかし律法をたもつ者よ、まことに、あなたによって祝福させるために選んだ宮に仕えるに足る若者を連れて来るのだ」。それから七日のふるまいの間、世を治め、周囲の敵を尋ね出し、あなたに注がれた大祭司の死ぬ前にイスラエルの人々に海の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる