ふるさと納税で日本を元気に!

久保井竜二さんに送る雅歌

久保井竜二さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

ハラク山までの間に良い事の何であるか見てきて迎え、彼女を葬りなさい。彼女はエフライムの三代の子孫を断たず、また幸をくだす力もないからです』」。ダリヨス王がこう言います、『ヤラベアムはつるぎによって死ぬ、イスラエルは右の指を見られ、仲に立つ者です」。アブサロムは王に言ったわが力なる主よ、帰って行きました。ゆえなく、わたしがたくわえて置いたので、自由に歩むことができません、『あなたがともし火を消すでしょう」と考えていたなげやりを、アイの王はアガグびとハンメダタの子で、衣装を守る者

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる